2013年12月31日

話数単位で選ぶ、2013年TVアニメ10選


これを書かないと年越しできない。「話数単位で選ぶ、2013年TVアニメ10選」を今年もやってみます。

こちらの「新米小僧の見習日記」様にまとめがあります。

ルール
・2013年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。


一応順位は付けないのですが、僕はなんとなく個人的評価が高いものほど下のほうに置いています。

実はアニメ視聴本数が2〜3年前に比べ激減しており、今年は最初から最後まで見たTVアニメが10本しかありません。なので、それら全作品から1話ずつ選ぶ形になっています。



Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第6話 「空白、夜の終わり」
スピンオフ作品であることを最大限に活かした戦闘シーンが見応えありました。黒セイバーとイリヤの対決は、ちゃんと意味を説明しようとするとそれなりに台詞が必要になる戦闘だったと思うのですが、そうやって細々と理屈を説明するのではなく(というか登場人物たちも何が起こっているのかわかっていないのでそもそも出来ない)、『Fate』の知識を前提にした画面で理解させています。「この心象風景、この衣装、アーチャーを同化させたんだな」とか、「エクスカリバーを複製したんだな」とか、視聴者が理解できることを前提にして説明を省いているのでテンポが良い。盾、カラドボルグ、そして双剣でのアクションなど、アーチャーらしい動きも見事でした。


ログ・ホライズン 第10話 「その手につかみとれ」
ギルドの結成とか、ギルドマスターであるということとか、そういう話をされると僕としてはそれだけで涙腺に来るものがあるのです。異様なテンションのカレー回でもありました。


ハイスクールD×D NEW 第8話 『授業参観、はじまります!』
この作品は保護者世代の存在がすごく面白い。高校の授業参観なのに何故か授業は粘土作りだったり、親たちがビデオ撮ってたり、メインキャラクターたちが年のわりに子供扱いされていて笑う。リアスの父兄がイッセーの家に訪れて、イッセーの両親と酒盛りで親バカトークを始め、普段は母性とリーダーシップに溢れるリアス部長も恥ずかしがって逃亡してしまったり。あとレヴィアタンさまのキャラクター像も実にB級アニメらしくてよろしい。でも初登場前からすでにアイキャッチで乳首丸出しっていうのはひどいと思うの。


ラブライブ! 第13話 「μ's ミュージックスタート!」
ネットでは不評も買った終盤の展開ですが、僕は非常に良かったと思っています。ラブライブ出場中止、学校の存続決定、ことりちゃんの留学と、μ'sを続ける理由をあらかた失って、それでも残るものは何なのか。基本的に穂乃果にリードされてきたμ'sのメンバーたちが、ここに来て逆に穂乃果に重要な影響を与えていく構図なのが面白いです。カッコイイにこにーも見れます。
Aパートの穂乃果の喪失感の表現がすごく好きです。START:DASH!!のライブも素晴らしかったですね。


進撃の巨人 第22話 「敗者達〜第57回壁外調査E〜」
第1話から最終回まで、安定して非常にレベルが高く、どの1話を選んだものか悩まされる作品です。ただそんな中でも、この回のオリジナルエピソードはやはり印象的でした。誰より仲間思いで情に厚いのに、感情を徹底的に排除して冷酷かつ合理的に行動しているリヴァイ兵長の姿がよく浮かび上がってくるエピソードです。ハリポタのスネイプに次ぐくらいにかっこいい人ですね。


凪のあすから 第十一話 「変わりゆくとき」
陸の人々の協力で、おふねひきに向けての準備が加速し始めるあたり。見どころはたくさんありますが、美海がわざとあかちゃんを怒らせて冬眠してもらおうとする場面は涙なしには見られない。一方、あかりは美海の言動を理解していて、ひとつの決心をする。
そしてまた、こういったサブキャラたちのために奔走する主役たちの姿が胸を打つのがこの作品。この回の光の言葉も一つ一つに重みがありますよね。


AKB0048 next stage Stage 24 「扉の向こう側」
「☆の向こう側」という曲は、AKBファンのあいだで注目されることは今まであまりありませんでした。数百曲もあるAKBの音楽の中で、特に目立つこともなく埋もれていた曲のひとつです(2013年1月のAKBリクアワでは161位でランク外でした)。『AKB0048』の第24話は、そんな「☆の向こう側」を名曲として蘇らせた回だったといえます。このエピソードを見た後となっては、もう「☆の向こう側」が神曲としか思えない。キーアイテムである天体望遠鏡を軸に、「☆の向こう側」の歌詞を智恵理と父親の近くて遠い関係に再解釈し、切ない物語に仕立てあげた脚本もさることながら、扉一枚隔てた父娘の邂逅をドラマチックに描く演出、そして声優・渡辺麻友がありったけの感情を込めて歌い上げる「☆の向こう側」、すべてが秀逸の出来です。


Free! 8Fr 「逆襲のメドレー!」
部活ものの超名作。個人戦の全員敗退を経て、メドレーに賭けるお話。水泳部の仲間たちの泳ぎや伝言メッセージによって、普段無感情に見える遙の感情が揺さぶられていく過程が素晴らしい。そしてメドレーを凛視点で描いたのがまた良かった。怜のまだ上手くはない泳ぎを見て凛の嫉妬的な感情が自覚されていくのも、よく出来たストーリーだなぁと思わされる。


きんいろモザイク 第1話 『ふしぎの国の』
『きんいろモザイク』が他の萌え4コマ原作空気系アニメとは異なる印象を残したのは、やはりこの第1話があったからこそ。初めてイギリスに行く忍にとって、そこの景色は何もかも新鮮なものばかり。現地でのロケハンを踏まえた緻密な描写によって、そんな驚きの数々が視聴者にも伝わってくるよう豊かに描かれています。そして日本語しか話せない忍と、英語しか話せないアリスの心温まる交流が素晴らしい。帰国する忍をアリスが見送るあの名シーンは伝説。原作には存在しないエピソードで第1話を作ると決め、これだけのものを作り上げたスタッフさんに拍手。僕がイギリスに行く直前の放送だったこともあって、個人的な思い入れもあります。


そして今年のベストエピソード。

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 10 「喪失までのカウントダウン」
ひびみくの物語の集大成。『シンフォギア』にしか生み出せない感動がここにあります。船上での対話の静けさ、バトルの熱さ、「思いつきを数字で語れるものかよッ!!」などの名台詞の目白押し。全ては2分40秒の「RAINBOW FLOWER」の決闘に結実します。現代声優界最高の逸材(たぶん)である悠木碧が演じるところの立花響の叫びが、決意が、歌が、見る者の心を震わせてやまない。決闘系百合アニメ(僕が命名した)の歴史を大きく更新した瞬間だと言えるでしょう。

なお、「なぜ立花響は『笑顔のサヨナラだ』を歌わなかったのか」というようなタイトルで長文のひびみく語りを書こうと思っているところです。しかしいつになれば書けることやら。


posted by おりあそ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック