2015年04月05日

『ユリ熊嵐』最終話を終えて/幾原邦彦作品の物語的特徴について

ユリ熊嵐、1周しか見ていないしよくわかっていない部分がたくさんあるのだけど、とりあえずの感想としては「あまりにも幾原邦彦」だと感じた。ウテナやピンドラでも随所に顔をのぞかせていた幾原的世界観・倫理観が、今までで最も明快にわかりやすく表現された作品だったのではないかと思う。
以下、幾原作品の特徴として挙げられそうなことをいくつか書き出してみた。
ウテナ・ピンドラ・ユリ熊嵐のネタバレを含みます。


・制度化された絆に対して批判的であり、むしろそれに抗う個人的な絆が称賛される。
家族よりも擬似家族が、異性愛よりも同性愛が、所有関係よりも対等な友達関係が、クラスの団結よりも集団の掟で禁じられた交流が、肯定的に描かれる。個人的にはこの点こそ、幾原作品の物語を幾原作品たらしめている最も重要な点ではないかと思う。
「だから、本当の友達になりたかった。あの壁を越えて」

・愛は見つけ出すもの(手に入れるもの)である。
制度化されていない絆、すなわち真実の愛を見つけ出さなければならない。
「その透明な嵐に混じらず、見つけ出すんだ」

・生存のために必要なものが愛である。
人間は愛を与えられないと「透明な存在」になってしまう。それゆえ、ピングドラムを探すことが生存戦略になる。
「きっと何者にもなれないお前たちに告げる。ピングドラムを手に入れるのだ」
「スキを諦めなければ、何かを失っても透明にはならない」

・愛とは、分け与えるものであり、究極的には自己犠牲である。
リンゴに象徴されるピングドラムは有限であり、与えるためには自らのそれを分けなければいけない。何かを変えることができるのは自己犠牲だけであり、これに関しては、百万本の剣に刺されたウテナ、運命の呪文を唱えて蠍の炎に包まれた苹果、その炎を引き受けた晶馬、火の中に飛び込んだ銀子、身代わりになったるる、自分を熊にしてしまった紅羽など、枚挙にいとまがない。ただ、ワンパターンすぎて幾原作品を貧困にしている部分であるような気もする。
「僕の愛も、君の罰も、すべて分けあうんだ」

・死はネガティブなものではない。
「つまり、リンゴは愛による死を自ら選択した者へのご褒美でもあるんだよ」
「でも、死んだら全部おしまいじゃん」
「おしまいじゃないよ! むしろ、そこから始まるって賢治は言いたいんだ」

・本当に重要なのは「実際に何が起きたか」ではなく、「その人がそれをどう見たか」ということである。
最後にウテナがどうなったのか、銀子と紅羽がどうなったのかということは、はっきり描かれないし、よくわからない。しかもそこに、人によって違ったものを見ているようなのである。ウテナの行方について学園の生徒たちはバラバラなことを言うし、暁生はウテナによる革命は失敗したのだと思っていたが、アンシーに言わせればそれは、何が起こったのかわかっていないのである。蝶子ら学園の生徒は、銀子と紅羽を撃って悪の排除に成功したと思っていたが、そのとき撃子にはクマリア様に導かれ新たな世界に旅立つ二人が見えていた。どちらが真実だったのかはわからないが、アンシーや撃子が見たものが彼女らに決断を促すことになる。

・結局、世界そのものは変えられないから、自分が旅立つしかない。
学園を出るしかない。

・世相に敏感である(ような気がする)
ピングドラムは、地下鉄サリン事件を知らない世代の子供たちが増えてきたことを感じて作られたように思えるし、ユリ熊嵐は、この国全体で同調圧力と異文化排除の動きが高まってきていることを問題視して作られたような気がする。

・子供たちの目線に寄り添っている。
親による愛を与えられなかった(失ってしまった)子供たちに贈られたピングドラムと、いじめという教室の現実に直面する子供たちに贈られたユリ熊嵐。特にユリ熊嵐において、いじめ問題に対する意識は画面の隅々にまで行き渡っていて、教室を描くシーンは(一見普通のシーンのように見えても)常に緊張感が走っている。いじめに直面している子供が見ていたら、(大人にはわからなくても)これが何の問題を扱ったアニメであるか早い段階で直感できたんじゃないかと思う。是非とも子供たちに届いて欲しい作品である。

posted by おりあそ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416790709

この記事へのトラックバック